美姿勢と柔軟ストレッチと精神安定方法!

2018年8月28日

今日の記事のテーマは姿勢が気分に与える影響!

唐突ですが私は「猫背」 でした・・・。

猫背と言う言葉も嫌いなのでネコ好きだけに、以降「ニャン背」と書きます・・・。

「以下にゃん背」

私は中学以降ずっと下を向いてあるくのが癖になっていました・・・。

人間楽しくないと何故か、下を向いてあるいてしまいます・・・。

母からよく上を向いて歩けと言われていましたが、なかなか実行に移すことは出来ませんでした・・・。

 

何か成功したり気分が上向きだと、よしっと思い自然と上体が上向きになるのかもしれません・・・。

でも若い頃はそんなにニャン背の自覚もありませんでしたし、それなりに体の柔軟性もありました・・・。

人からニャン背を指摘されたことも記憶にありません・・・。

 

私がニャン背を人から指摘されたのは40代くらいの頃で、以前からもニャン背の気はあったのかもしれませんが、気にしたことはありませんでした・・・。

しかしうつ状態に入ってからは道路を歩いていても、お店のショーウインドウに写った自分の姿勢を見るとかなりニャン背が目立ち自分でも気になりはじめました・・・。

ニャン背の後ろ姿って幸せそうに見えませんよね・・・?

やはり姿勢のスッとした人は年齢に関係なく若々しく見えます・・・。

「首ニャン背」

最近は若者の間でも首ニャン背が増えてるようです・・・。

 

首ニャン背とはコロッケの物まねのちあきなおみ状態ですね・・・。

以前テレビのニュース番組で桐谷美玲さんが首ニャン背でマッサージ士に首を揉まれて痛いと連呼していました・・・。

あれだけのルックスですので気が付きませんでしたが、首ニャン背はひそかに進行していくのです・・・。

 

若者はスマホを見て下を見る状態が多いので増えてるようです・・・。

ある日気が付くと「いつものよお~にまく~が」上体になってしまうのです・・・。

私がちあきさんがそうだと言ってるのではありません・・・。

 

あくまで、コロッケさんのイメージです・・・。

でもいくら美しくても「んっ!」の上体では将来に悪化する可能性もあります・・・。

私は過去に疲れと痛みに効く! ねこ背がラクラク治る本を購入して勉強もしてみました・・・。

Kindl eunlimitedで無料で読めるようです・・・。

私は自分でニャン背を気にしては、いても中々効果を上げることは出来ずに気分も良くない日が続いていました・・・。

次第に体の柔軟性はより固くなり悪化していたのだと思います・・・。

ある日、突然50肩に

なりました・・・。

右肩が痛くて腕が水平までしか上がらず、Tシャツが脱げません・・・。

どうも肩が炎症を起こしてるようです・・・。

そう言えば40代の頃も左肩が痛くて長い間腕が上がらなくなったことを思い出しました・・・。

長年の運動不足と姿勢の悪さが一気に出てきたようですね・・・。

 

私はすぐに、整形外科に行きました・・・。

肩に注射を打って後はリハビリです・・・。

初診以外はレントゲンとか費用は1000円以下なのですが、私は不満でした・・・。

そこの病院昔も、他の部位で一度いったことがあってリハビリが5分くらいで終わったので、それ以降いかなくなりました・・・。

今回も2回目のリハビリで同じようなイメージであれ・・・?

違和感が残り帰ってPCで調べました・・・。

厚生労働省:リハ – 1 – 第7部 リハビリテーション <通則> 1 リハビリテーション医療

によると1単位20分と決まっていますので10分くらいで、金だけ取られると非常に感じ悪いのです・・・。

治るものも治りませんしね、3回目からは早速院長に質問して治療時間に対して確認後は一番腕のよさそうな理学療法士を指名して1単位時間も確認して治療してもらいましたが、周りを見てると人によって,手を抜く人と,抜かない人,患者をえり分け治療の、ふりだけして全く力の入れない人もいて、やはり人間歩合でない限りさぼるのが人間の性ですね・・・。

特に口のたたない老人はすぐに治療がおわるような印象です・・・。

 

ワイはシバかれる可能性の無い場合は黙ってへんで・・・。

結局半年程通いましたが、やはりある程度効果はあったようです・・・。

担当してもらってた理学療法士の方の腕も良いようでした・・・。

しかしたまに違う人に当たると、まったく力入ってない触ってるだけの人もいましたね・・・。

金の無駄です・・・。

通院中に腕も上がるようになりましたが、姿勢の悪さからでしょうか、肩甲骨が完全には動ききらないのか真上に万歳が出来ません・・・。

それでも昔は肩甲骨が動く意識も持てませんでしたが、今は歩いて手をふるのにも肩甲骨が動いてるのが意識できます・・・。

通院終了後は教えてもらったストレッチなどを自分で続けないとまた固くなってしまいますので現在も続けてたのですが、ここ1か月程ブログに時間をかけすぎたのでストレッチをさぼってたら肩甲骨が凝ったように重いです・・・。

また頑張って続けないといけませんね・・・。

ストレッチだけではダメで背筋を鍛えるトレーニングなどもニャン背には欠かせません・・・。

100均のゴム紐で座ってボート漕ぎみたいな肩甲骨動かす運動とか肩甲骨毎日動かしてると癖でビートたけしみたいに動かしてしまいます・・・。

半丸形のフォームローラーとグイ押しバックストレッチャーは気持ちいいです・・・。

特にグイ押しは布団の上で乗って腰の下に座布団でもしいて楽に寝てると肩甲骨にかなり効いてきます・・・。

まとめ

私も頑張ってストレッチを続けてより柔軟な体にしていきたいと思います・・・。

あと付けたしですが、なかなか理学療法士と良好な人間関係をきずくのはコミュ症にはむずかしいです・・・。

私の前に女子高生の患者さんが来たら何故か時間が長くて、ワイの番になると5分程短い時がありました・・・。

 

療法士は相手によって気合が違う・・・。

 

また、別のケースですが正月明けに病院にいくと、女性患者の方がその療法士のなにやらポチ袋を渡していました・・・。

最後はやはり強いものは金なのか・・・?

いや、私は女性の抜け目のないコミュニケーション能力を垣間見たような気がします・・・。

女性はつよいで、さりげなくアメちゃん渡すおばさんとか・・・。

http://karapaia.com/archives/52233477.html

姿勢でうつ状態が改善されるらしいですね・・・。

0