書評 「プライベートバンカー」半沢直樹風でドラマ化してほしい!

2019年1月30日

今日本が届いたので半分しか読んでないですが、相当面白い!

杉山なる野村證券トップ営業マンが山一破綻後に三井住友銀行→40代からシンガポール銀行(BOS)に移った経歴を自伝が小説のように書き記してるのですが、庶民には知らないようなことが書き綴られてて森永さんじゃないですが映画化かドラマ化したらそうとう面白そうですね・。

 

杉山がシンガポール銀行へ移って業務免許もおりてないうちから上司に杉山の顧客のBOSに移すように急かされ、違和感を感じ情報を得る為に過去2年間に日本人バンカーが入行してるはずだが、その姿はどこにもない・。

いや半沢直樹並みにドロドロしてますね・。

しかし相続税払わん為に日本の資産家がこぞって華僑の銀行に金移すって、大丈夫なんかなって思います・。

戦争になったらどうなるのでしょうか・・?

昔ホリエモンが日本の法人税下がらなかったら、全部海外に金が逃げていくようなことを言ってましたが、実際に日本の銀行マンなどが外資系の企業に行くと同時に顧客も着いていくのですね・。

しかし金が移ったとたんに、用無しになってクビになるって、家電技術系の社員でも昔話題になりましたが、相続税払うのは庶民だけなんですかね・・・?

 

5年以上非移住者やったら海外の資産には相続税いらなくてって日本に戻れんようにしたらいいのに・・・。

日本語だけで生活できる日本村があって2万人以上も日本人が住んでるってどういうこと・・。

消費税も貧者が苦しむだけですし・。

今日夕方スーパーに行ったのですが、私のレジ待ちの一人前に70代くらいの男性が、ご飯の「ふりかけ」1袋だけ買ってました・。

体も痩せてたし、どう見ても下流老人のようでしたが、生活保護も貰えてないんじゃと想像してしまいました・。

年金が使いきれないような大金貰ってる人もいるのに・・。

ゴーンさんみたいなの、金持ちでは当たり前になってるのかもしれませんね・?

しかし、金持ちって相続税払いたく無いのですね。

有名メーカー元会長とか元パチンコ屋経営者とか5年ルールの為に寂しく過ごしてるってどんだけ税金払いたくないんですか・。

その孤独を紛らわす為にプライベートバンクの人が精神的にサポートするって・・・。

金は勝手にどんどこ入ってくるしシンガポールで暇すぎて何にもすることないって・・・。

もう日本に帰ってくるなと言いたい・。

しかし資産管理会社のペーパーカンパニー作って息子が社長って、金持ちはそういうことやってるから税金足らなくなるのですね・。

昔大手サラ金の創業者親族も税金払わんと逃れた裁判昔ありましたね・。

消費者金融大手の武富士(会社更生手続き中)の創業者、武井保雄元会長(故人)の長男で元専務の俊樹氏(45)が、生前贈与を受けた海外資産に約1330億円を課税されたのは不当だとして取り消しを求めた訴訟の上告審判決が18日、最高裁であった。第2小法廷(須藤正彦裁判長)は課税を適法とした二審・東京高裁判決を破棄、取り消しを命じた一審・東京地裁判決を支持した。


うらやましい・・。

世界的に税金払わない資本家か奴隷かって図式なんでしょうか・・・?

何代にも渡って富裕層って状態を子孫に残したいのでしょうね・・・。

減るどころか増えていくんですから、たまりません・。

 

また読み終わってないので後半が面白そうです。

また眠いので起きてから残りを読んでまた続く。

0
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
幸せを呼ぶボタン
PVアクセスランキング にほんブログ村
最後まで読んで下さって、ありがとうございました。
この記事を書いた人

888みつや


もしかして、僕のこと見えたかにゃん?無職50代のおっさんが書いてるにゃんよ・!「プロフィールはこちら」です。