【森永卓郎】世界経済危機で反緊縮が躍進?節度のある金融緩和とMMT?ベーシックインカム導入で話が変わる?

2019年6月5日

世界で大きな流れが生まれてる?

たとえば、アメリカのサンダースとかイギリスのコービンが言い出してるのですが0:28~

税制規律に縛られ過ぎて緊縮をやってるから経済が落ちてきてる、ざっくり言うと金融緩和をして庶民の為に使いましょう・。

そうすれば経済が良くなる・。

経済学会も新しい動きに歩みを進めていて3:00~

「MMT」新金融理論 財政収支で物を見るのをやめましょう・。

財政の基準をインフレ率にしましょう・。

インフレ率が3%ぐらいになるまでは財政赤字を広大して借金を帳消しにしても問題ない。

最も良いのはベーシックインカム6:40~

1人7万円で百兆円。

2人家族なら14万円。

そうですか、我が家なら2人家族なので14万円ですね・。

年金払ってない人は皆賛成しますね・。

私ももちろん賛成です・。

 

妄想ですが、とりあえず飢え死にする心配が無ければ他にやりたいことがゆっくり探せますよね・。

ブラックに嫌々雇われてることも無い訳ですから、そんなものが始まれば日本からブラック企業が一掃されますよね・。

 

ブラックに働くこと=奴隷ですから・。

最低限の労働環境に戻るためにもセーフティーネットは必要ですよね・。

反対する人もかなり多そうですが、この再年寄と年金たんまり収めてた人には泣いてもらいましょう・・。

無理か・・。

 

そもそもMMTって何じゃらほい・・・?

三橋さんの勉強会がとりあえず何となく大まかにはわかったかしら・・。

全ての経済は生産と需要について実質的な限界がある。4:00~

供給能力に限界がある。

デフレの国がデフレギャップ埋まるまで政府は国債発行して需要創出しても構わない。24:50~

100兆円やるんだったら、10兆円づつ毎年計画的にやってください。

国会議員の皆さんは予算を組むだけで貧困化してる方を救えると言うことなんですね・。

政治家が需要創出できるのを怠ってきたから過去20年以上デフレでロスジェネ世代なんてのが生まれてしまったんですね・。

 

今やその世代は結婚適齢期を逃してしまい人口減少に拍車をかけることになってしまいました・。

もうすでに手遅れ感はありますが、このままその世代は高齢化ってことなんでしょうか。

将来は完全に生活保護ですよね・。

 

そもそも増税って本当にやるんでしょうか?

衆参ダブル選挙憶測とネットでは見られますが、昨日ラジオ日経で杉村太蔵さんがポスターがどうのこうので可能性ありますって言ってたので、やっぱり増税は延期ってなったりするのですかね・?

増税なんかしたら株価下がりますよね・・?

何か庶民に優しい政策を打ち出してほしいですね・。

まあ株価上がっても中々儲からないのですけど・・・。

 

将来の不安を緩和してほしい・。

0