老人向け賃貸の実態は霊のうめき声本当にあった怖い話いわくつき恐怖幽霊事故物件験談

2018年7月13日

霊体験で引っ越しを繰り返したくない。事故物件は嫌だ。入居先が心配。老人OK物件ってどうなの?

 

そういった疑問にお答えします。結論、私の経験から可能性大です。

👍 本記事の内容

本当にあった怖い話いわくつき事故物件心霊体験 老人専門住居は幽霊が玄関前に立つ部屋!

平成23年頃の話2霊体験

前回は「母の自殺未遂と隣入居者の自殺と言う、お話でした。」

ちょっと当時の契約書が見当たらないのでハッキリしませんが保証金30万くらい家賃5万数千円だったと思います。

そのマンションは以前、兄姉達に追い出された母親を入れる為に私が最初に見つけた老人向けの専用ワンルームマンションです。

偶然車で通りかかった時に広告ののぼりで気がついた物件で、ああこんなところにあったんだと、おもいつつ探す手間がはぶけてよかったと当時は思っていました。

私はある日早速見学にいきました。当時見学では上の方の9Fくらいの部屋を案内され、まだ建物築年数は新しかったです。高層で綺麗だし1階には管理人がいて良いかなと思い契約することにしました。

最初マンション側は5Fだったかの部屋を進めてきましたが、私がつい契約の時に市営住宅の話をぽろっとしてしまい、(市営にも申し込みしてたので・・・)その話を聞いた貸主がなぜか急に上の方の部屋に変更してきました。

私は、まあ上の部屋でもいいかなと思いその時は何の疑問も無く契約してしまったのです。

しかし実際引っ越ししてみると意外な事実がありました。

入居前の見学時では玄関前の踊り廊下からは、胸ぐらいまでのコンクリートの塀がある上、高層階だったので私は正面の景色ばかりに気をとられて、下まで覗き込んで確認しなかったのです。

実際住みこんでから気が付いたのですが、ふとなにげに下を覗き込んで見るとそのマンションの「隣の土地は墓地でした。」

何度も通った道でそこの土地が墓地とは知りませんでした。

外を歩いていても壁で見えないようにしている為、墓地があるとは気がつきませんでした。だから廊下を歩いても真下を塀の上からのぞき込まないと解らない高層の部屋を客に見学させたのです。

 

当初それでも母は、生きてる人間の方が怖いと言いつつ、そのまま住むことにしましたが、貸主が5階から上の部屋に変えたのは別の理由があったのです。

貸主がこの借主はすぐ引っ越すと予想し、保証金を取るためだけに回転させるのが目的でワザと、いわくつきの部屋をあてつけたのでしょう・・・。

WordPressでサイト作るなら 「高速&安定&高性能の一押しレンタルサーバー」

Xserver「X10」

まさに引っ越し先の部屋で心霊体験してしまいました。

ある日母親が何気に、玄関前の音が気になりのぞき穴から、のぞくと玄関のすぐ目の前に爺さんがこっちを向いて立ってるのが見えたらしいです。

玄関側にピタっとひっついているのでドアを開けられない状態だったそうです。   私はその話を聞いて、ボケてる爺さんと違うの?と母に言いましたがどうも違うようです。

 

また何故か、?隣の部屋の玄関が風通しの為か?少し空いてました空き家のようです。管理人に隣の部屋のことを聞くと、金払えない住人を追い出したようなことを言っていたのを覚えています。

その数日後、隣の元住人の家族か?が、荷物を引き取って行きました。どうも隣の空き家に荷物が残っていたようです。   母の話では玄関前に出ると、隣の部屋の玄関の中からすり足音が聞こえるらしいです。
さらに母が風呂を洗ってる時、隣の部屋から爺さんの小さい声で「ぉ~ぃぉ~ぃ!」と誰もいない部屋から聞こえてくるらしいのです。 追い出された爺さんの身になにかあったのでしょうか・・・?

さらに玄関前の廊下の外のコンクリートの壁は一定間隔で光が当たるようにか?隙間の空洞がある壁でちょうどのぞき穴からその空洞が部分が見え塀の向こうの景色も見えるのですが、 ある日のぞき穴を除くとその塀の空洞の部分に首にタオルかけた爺さんが屈んで座ってるのが見えたらしいです。

 

8階か9階か忘れましたが完全に空中で真下が墓地です。母親が管理人にその話を訴えて管理人を呼んで、のぞき穴を見てもらったこともあるらしいです。もちろん管理人には見えません。

 

1週間くらいだったでしょうか。当時管理人は母のことをボケてるん違う?と言ってましたが、私は確かに頭の悪い母親ではありますが本当だったと信じています。

 

何故なら私も何度も霊体験があるので、なんとなくわかります。部屋選びもファーストインスピレーションというか・・・?直観がけっこうあたったりするような時がありますよね。

過去不動産屋が↓白状した時がありました。

事故物件に出会わないポイント

この時は母の部屋探しで、言わば他人事で部屋探しを慎重になっていませんでした。

自分の部屋探しだとグーグルパップで近くに墓地がないかとか色々調べるのですが、それを怠っていました。ましてや大家が急に、部屋を変更した時に不審に思うべきでした。

大家と賃借人なんて、騙しあいがあると心得る事が重要です。最悪を前提で想定して部屋選びしましょう。

おばけ探知機 ばけたん」←これ神グッズだそうです。

まとめ

日本は自ら天に召される方の率高いですよね?あっちこっちでうかばれない霊魂が部屋に住みついてても不思議ではないです。

あの貸主!保証金の30万も最初返そうとしませんでしたが、内容証明送ったら貸主の顧問弁護士から返金すると言ってきて無事返金してもらいました。

人気記事 運気を上げる方法5選