ダイニングテーブルdiyリメイク杉天板張り替え自作

2020年12月16日

団地のせまいキッチンにピッタリサイズの既製品って中々無いですよね~。今まで小さすぎたテーブルに困ってました。diy自作ってどうかな?

そんな疑問に答えます。自分で好きなサイズの天板に張り替えると快適ですよ♪

👍 本記事の内容

ダイニングテーブルdiyリメイク杉天板張り替え自作

こんにちは、みつやです。

以前から我が家のテーブルは小さすぎて狭いと不満だったんですよね。しかし団地の狭いキッチンに入れるのに良いサイズのテーブルが売っておらず、2人用の小さい既製品を置いておりいつもテーブルの上はいっぱいでした。

今回diyで20cm程幅広サイズの天板を、自作して張り替えることにし、交換してみると化粧合板と違い本物の木材は色合いなどが温かみがあり、ことのほか気に入りました。高級感感じる・・。

✔使った材料

 

ホームセンター

  • テーブル用杉板 1080円×4枚
  • 木ネジ 300円くらい

Amazon

テーブル天板作成に使った道具電動かんな

重宝したのは電気カンナですね。最初家にあった普通のカンナで面出ししようと思ったんですが、かなり難しいです。値段も格安なので購入に踏み切り仕事が早いので満足してます。

✔使った工具

YouTubeに天板制作動画アップしました。

やっぱ人口の物と違って自然の木って何か落ち着きますね。すべすべしてて手触りがよいです。自分で作ったら家具屋の安物は買う気がしなくなりました。サイズを自分に合わせられるのがDIYのよいところです。

粉塵対策

でも今回課題も残りました。

今まで使ってたテーブルソーなんかは箱の中におがくずが貯まるようになってたので粉塵問題はなかったのですが、丸ノコなどは粉塵対策が必要ですね。

現在サイクロン集塵機を作ってるので次回からは解決したい。丸ノコの集塵カバーも作りました。

天板パテ埋め

天板の隙間をパテ埋めするのに、おがくずと木工ボンドで自作のパテを使いましたが、百均のチューブパテに自分で色付けして使った方が綺麗になったと思います。

ダイソーの製品に色付きのウッドパテはあるのですが、近所では白のチューブパテしか無かったので自作パテを作りましたが、後から考えて自分で色づけして使えばよかったですね。

面取り

まあでも、面取して天板表面をきれいにペーパー掛けしてみつろう塗ったらすべすべで綺麗になりました。4000円ちょっとでサイズと見た目を改善出来たので満足しています。

丸ノコ

リョウビの丸ノコが不良品だったので、マキタに買い換えました。切れ味がスムーズです。Amazonの評価を見ても日立とかと比べても悪い評価の比率がほとんどないので安心して購入出来ました。

 

星1と2合わせて4%しかないです。

本当はベースと刃の平行の調整が出来る機種が良かったんですが、日立の古い機種しか調整ネジの付いてる製品がこの価格帯で無いので不良品に出会うのを極力させる為にマキタにしました。

丸ノコベース精査 平行定規が高いので自分で作りました。

前と後ろで2mmくらいの誤差がありました。購入後すぐに精査しないとAmazonでも返品期限は1ヶ月です。私は販売者がホームセンターでしたので購入後1ヶ月以上たってましたが返品対応予定ですがまだ返金されてません。買っただけで安心して使わずに放置してたら不良品だったなんて・・・。

あと電動工具って保証書付いてないのですよね。初めて知ったよ!

粉塵問題だけ解決出来れば完ぺきです。

丸ノコガイドも使いやすくなりました

ガイドの切り始めのところが安定しなかったんですが、アルミのアングル張り付けて、後モーターがあたるので切りにくかったので端材をはめ込んで固定して持てるようになりました。

端材で、テーブル棚を作りました

とにかく、テーブルが狭いので少しでも空間利用の為に棚を作りました。

 

» 百均クリアーケースで丸ノコ集塵カバー自作DIYマキタM585

» 百均ワイヤーネットで簡単diy昇降式吊戸棚(ダウンキャビネット )リベット打ちで手作り!